JRS2017 第11回日中韓ジョイントルーメンシンポジウム   Top     Outline   


開 催 概 要

第11回日中韓ジョイントルーメンシンポジウム

The 11th Joint Symposium of Japan-China-Korea on Rumen Metabolism and Physiology


平成29年(2017年)10月26-27日  @ セントレアホール

共催
・Japanese Society for Rumen Metabolism and Physiology
・Korean Society of Rumen Function Studies
・Chinese Society of Animal Nutrition

Scientific committee
Yasuo Kobayashi (Hokkaido University, Japan)
Jian Xin Liu (Zhejang University, China)
Sung Sil Lee (Geyongsang National University, Korea)

大会実行委員会
大会委員長:   三森 眞琴(農研機構)
大会事務局長:  上野  豊(信州大学)
大会事務局:   真貝 拓三(農研機構)

基調講演
・Dr. Roderic I. Mackie(米国イリノイ大学)
・Dr. Christopher S. McSweeney(豪州連邦科学産業研究機構)
・Dr. Mark Morrison(豪州クィーンズランド大学)
・Dr. Leluo Guan(加国アルバータ大学)

プログラム概要
10月26日(木)
・Opening ceremony
・Invited talks
・General presentations (oral/poster)
・Welcome mixer

10月27日(金)
・Invited talks
・General presentations (oral/poster)
・Closing ceremony
・Farewell party

会場
セントレアホール(愛知県常滑市セントレア1丁目,  中部国際空港(セントレア) 隣接 )

締切など  *発表申込み方法・参加登録方法は後日当ウェブサイトに掲載します.
・演題登録 -- 平成29年7月31日
・発表要旨提出 -- 平成29年8月31日
・参加登録 -- 平成29年8月31日


参加費用(予定)
(一般)30,000円   (学生)25,000円 大会期間中の昼・夕食を含み、宿泊費は含みません
【重要】 これまでのJRSと異なり,宿泊の手配は参加者自身で行ってください.近隣宿泊施設の案内は,当ウェブサイトに掲載予定です.

問い合わせ先
上野 豊 ( ytkuyeno[at]shinshu-u.ac.jp ) *[at]を@に変更してください

Back to Home     inserted by FC2 system